トートバッグ~心配り~

着物とは本来、親から子へ、子から孫へと受け継ぐ物。

しかし時代は移り変わり、令和の時代。着物を着る機会も着る場も減ってしまいました。それでも親から譲り受けた大切な着物、処分は出来ないという方が増えております。物を大切にする勿体無い文化がこの国の精神だと思います。

だからこそ着物を鞄にリメイクしてみませんか⁉️私共は着物仕立屋、和裁士が親から譲り受けた着物を生まれ変わらせる事ができます‼️

十日町紬利用してトートバッグを作りました。

トートバッグ~心配り~


とても軽いのが特徴です。

薄いピンクの紬に柄は、麻の葉です。麻の葉は日本の古くから魔除けの意味がある三角形が集まってできた六角形は、より強力な魔除けの力があると考えられました。またまた、麻の丈夫さ・成長の早さにあやかって子どもの健やかな成長を願い、赤ちゃんの産着や子どもの着物によく使われる柄でした。その麻の葉の紬をトートバッグしました。
擦れやすいサイドは合皮使い軽く仕上ました。

表布と裏布の間にはウレタンを挟み、型崩れしないように作りました。

ハンドルはウッドを使いました。

ハンドルをカスタマイズしてバンプーを使ってみても良いと思います。


中はファスナーポケットとポケット2つ付けました。

裏地はベイズリーの柄を使用してます。

 

 

w350×H280  350g