着るか?捨てるか?売るか?古い着物の処分方法と活用方法

着るか?捨てるか?売るか?古い着物の処分方法と活用方法

亡くなった親族の遺品など、古い着物が突然自分の元にやってくることもあるかと思います。また、実家の物置を整理していたら、古い着物が出てくることもあるでしょう。そんな古い着物はどう処分したらいいのでしょうか。自分で着るのか、誰かにあげるのか、売ってしまうのか、捨ててしまうのか…今回は、そんな古い着物の処分方法と活用方法をご紹介しましょう。

着物を処分する方法

着物といっても物が古く、しかもシミやカビなどもあるため、自分で着ることはないという場合、着物を処分する必要があります。処分をする方法は売るか捨てるかの二択になるかと思いますが、実際に捨てる場合、売る場合を考えてみましょう。

着物は燃えるゴミ?

まず着物をゴミとして処分する場合。燃えるゴミなのか資源ゴミなのか迷う方も多いかと思います。正解は「自治体次第」です。自治体によって着物の捨て方は異なりますので、まずは何よりお住まいの自治体で確認することをオススメします。

多いのは資源ゴミで出すパターン。しかし自治体によっては有料の燃えるゴミになったり、汚れの多い着物は燃えるゴミで、リサイクルができそうなきものは資源ゴミという細かい取り決めをしたりしている自治体もありますので、よく確認しておきましょう。

着物を売るならどこに売る?

古いし汚れているとはいえ、母親や祖母などの想いが詰まった着物を、ゴミとして扱うのは抵抗がある。自分は着ないけど、着てくれる人がいるのであれば譲りたいという方も多いでしょう。

着物を売る方法としては、フリマアプリやネットオークションを利用する方法が考えられます。こうした個人間取引の場合は、汚れなどがある場合は詳細に伝えるようにしてください。事前に詳細を伝えていないと、譲渡後のトラブルに繋がりかねません。

個人間譲渡に不安がある方は、専門家に売るのが間違いない方法といえるでしょう。専門業者に売る場合考えられるのは、着物買取り専門業者、リサイクルショップ、古着屋が考えられます。売却の場合注意したいのが買取りの金額です。恐らく皆さんが想像している以上に買取り金額は安くなります。特にリサイクルショップの場合、100gいくらで買い取る場合もあり、二束三文にもならないケースがありますので、できれば先に見積もりを出してくれる業者に相談しましょう。

意外な活用法

捨てたり売ったりするのが心苦しい方は、家の近所に小さな劇団などがないか確認してみましょう。劇団が使用する衣装は消耗が激しく、特に高価な着物はいくらあっても足りないという現状があるようです。

そんな和装の衣装に困っている劇団に寄付をするという方法があります。寄付をするということはもちろん収入はありませんが、親族の方の想いが詰まった品を、捨てたり売ったりすることなく、必要な人たちに活用してもらえるという利点があります。

古い着物を活用する方法

捨てるのも心苦しいし、二束三文で売るのも気が引ける。そうなれば古い着物を活用する方向で考えましょう。活用する場合に考えておきたいポイントをまとめてみました。

自分で着るためにはまずキレイに

どうせなら自分で着てみようというのであれば、まずは古い着物をキレイにする必要があります。クリーニング店の中には着物のクリーニングに対応している店もありますので、着物のクリーニングをしてくれる店に相談してみましょう。

クリーニングの方法には単純な水洗いの他に、着物の寸法直しや仕立て直しの際にも行われる「洗い張り」を行う方法もあります。洗い張りとは着物の縫い目を解き、生地の状態にして水洗いすること。その後縫い直す必要がありますので、費用も高額になります。着物にシミやカビがある場合、別途染み抜きの費用も必要になりますので注意しましょう。

そのまま着るよりアレンジを

古い着物に帯、帯留めなどがセットである場合、そのまますべてを一緒に着たくなるかもしれませんが、ちょっと考えてみましょう。すべて古い着物の時代のもので統一してしまうと、いくらキレイにクリーニングしても、全体的に古い印象を与えてしまいます。

オススメは帯などを別で購入し、全体的な印象が古くならないように工夫する方法です。帯だけであれば、着物のリサイクルショップなどで比較的安く購入できますので、気に入る柄を探してみましょう。

サイズが合わなければ寸法直しを

古い着物をキレイにして、実際に着てみようと思ってもサイズが合わない場合があります。一般的に昔の人に比べ、現代人は平均身長が高いので、着物のサイズも短い可能性があります。着物のサイズが合わない場合は、専門業者に寸法直しを依頼しましょう。

着物を新しく生まれ変わらせる

着物の仕立て直しとは、着物の縫い目をすべて解き、生地を洗い張りすることで、反物に近い状態に戻すことです。そしてこの反物から新たに着物を仕立てるのが仕立て直しということになります。

仕立て直しを行うことで、サイズの調整を行うことができたり、目立つところにあったシミやカビを目立たないところになるように縫い直したりすることが可能です。柄自体が変わるということはありませんが、よりサイズの合う、そして古く見えない着物に生まれ変わらせることができる方法です。

まとめ

着るか?捨てるか?売るか?古い着物の処分方法と活用方法

古い着物の処分は誰でも悩むものです。捨てるのも手間がかかりますし、売るといっても二束三文にもならないケースがほとんど。ならば自分で着るという選択肢があってもいいかもしれません。

もちろん古い着物と言っても保管状態が良ければそのまま着ることができるかもしれません。しかし、多くの場合はそのまま着ることは難しく、何らかの処理をしなければ着られないことがほとんどでしょう。

そんな方はぜひ「柊和裁所」に一度ご相談を。柊和裁所では、着物の仕立て直しも承っており、お客様のご要望に沿った作業を心がけています。まずは古い着物をお持ちいただき、お客様に併せて採寸をさせていただきます。その後着物の状態を確認し、お客様のサイズに仕立て直せるかを確認します。

多くの場合着物は、ある程度余裕をもって折り込んで縫ってありますので、よほど極端なサイズ違いでない限り仕立て直しは可能かと思います。仕立て直しをすると決まれば、着物を解き、洗い張りをし、再度仕立てることになります。柊和裁所では豊富な経験を持つ和装士が、責任を持って作業させていただきますので、どのような着物でも対応可能。一見古くて着られそうもない着物でも、仕立て直しで一気によみがえることがありますので、着物でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。